« 被爆者援護の拡充と被爆体験の継承を―6月定例会 個人質問 | トップページ | 災害支援策を活用ください―7月12日名古屋市内を襲った豪雨で被害にあわれた方へ »

2017年6月26日 (月)

来年度の中学新入生から、入学前に入学準備金の支給開始へ(就学援助制度の改善)

 経済的に困難な家庭に対し、入学準備金や給食費、学用品費などを支給する「就学援助制度」です。

 子育てを経済的に応援するために、就学援助制度の「入学準備金」について、昨年11月議会で、質問しました。

 「必要な時期に、必要な額の支給を」と、全国では運動が広がり、福岡市、八王子市、松本市など入学前支給が始まっています。名古屋市の場合4月に申請し、6月支給ですから、制服やかばんなど購入する時期に間に合いません。名古屋市も遅くとも2018年度新入学生に間に合うように、今年度内に支給するよう求めました。

 教育委員会は、年度内に支給を受けた後に市外転出する場合や、支給が終了した後に市外から転入してきた場合など、検討する必要があり、他都市の事例の研究を行いたいと答弁していました。

 6月本会議で他党議員の同様の質問に対し、教育委員会は、来年度入学する中学生から、年度内の支給を行う予定であることを明らかにしました。

 経済的支援が必要な家庭にとって、必要な時期に支給されるようになります。大きな前進です。

 検討が必要としていた、市内転入や市外転出する場合の扱いについては今後具体的な仕組みを決めていくということでした。(教育委員会学事課)

« 被爆者援護の拡充と被爆体験の継承を―6月定例会 個人質問 | トップページ | 災害支援策を活用ください―7月12日名古屋市内を襲った豪雨で被害にあわれた方へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1441995/70974661

この記事へのトラックバック一覧です: 来年度の中学新入生から、入学前に入学準備金の支給開始へ(就学援助制度の改善):

« 被爆者援護の拡充と被爆体験の継承を―6月定例会 個人質問 | トップページ | 災害支援策を活用ください―7月12日名古屋市内を襲った豪雨で被害にあわれた方へ »

  • Pc200421
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ