« 資格証明書短期保険証の発行やめてとの請願に共産党以外の会派が不採択―財政福祉委員会 | トップページ | 国が決める高額薬価が医療費増大に拍車をかけている(名古屋市2月補正予算から) »

2017年2月 8日 (水)

物価が上がっても年金支給額は同様には上がらない―マクロ経済スライドの問題

「安心できる年金制度の実現を国に求めて」意見書を議会に求める請願審査は一部不採択に

1999年に、物価下落と合わせて年金も下落する法改正(物価スライド)が導入されました。当時老齢基礎年金額が満額で804,200円だったものが、物価スライドにより、2016年は 780,100円へ24,100円(マイナス約3%)も下がっています。

Photo
さらに、昨年強行採決された、年金制度改革法案(年金カット法案)により、物価が上がっても賃金が下がれば年金額も下がるという中身に、安心どころか不安が大きく、世論調査でも5割超える反対があると報道されていました。

年金だけでは暮らしが厳しいうえに、介護保険料や医療の窓口負担も連続引き上げで現在の生活の維持も厳しい中、実質年金が引き下がる制度は廃止をという請願は切実です。

共産党以外、法律はすでに成立したという理由で請願は不採択となりました。

« 資格証明書短期保険証の発行やめてとの請願に共産党以外の会派が不採択―財政福祉委員会 | トップページ | 国が決める高額薬価が医療費増大に拍車をかけている(名古屋市2月補正予算から) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1441995/69528226

この記事へのトラックバック一覧です: 物価が上がっても年金支給額は同様には上がらない―マクロ経済スライドの問題:

« 資格証明書短期保険証の発行やめてとの請願に共産党以外の会派が不採択―財政福祉委員会 | トップページ | 国が決める高額薬価が医療費増大に拍車をかけている(名古屋市2月補正予算から) »

  • Pc200421
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ