« 税務と国保が一体の窓口で丁寧な納税相談を―名古屋北部民商の栄市税事務所交渉 | トップページ | シンポジウム「検証 河村市政」党市議団主催のご案内 »

2017年1月10日 (火)

避難所に簡易式スロープを配備、子ども食堂助成等が予算計上―来年度予算の再生局査定公開

本日、各局の予算要望に対して、財政局案が公開されました。

日本共産党市議団の要求も一定反映されています。

私が本会議で取り上げた「指定避難所の段差を解消するための簡易スロープ」は125校にやっと設置されることになります。地域防災計画から20年経過してやっとです。

「子ども食堂の開設や啓発のための助成」も予算計上されます。子どもの居場所つくりが必要だと立ち上がった地域の子ども食堂ですが、善意だけでは続けることはできません。大変な運営に助成するものです。子どもの貧困を根本的になくすには、さらに思い切った施策が必要です。

さはしあこ議員は提案した「環境学習センター」を活用した名古屋の公害の歴史を学び伝える取り組みについて、環境学習センターの大規模改修に合わせて実現されるようです。

また、高橋ゆうすけ議員が求めていた「学校司書」の32校への配置、藤井ひろき議員が求めてきた「客引き行為等の対策検討」は、担当局の財源配分の中で検討されるようです。

一方、党市議団が一昨年から求めていた「給付型奨学金の創設」は、教育委員会が昨年に引き続き、要望していましたが、財政局案では未計上となっています。また西山あさみ議員が求めた新堀川の悪臭調査の結果、ヘドロの発生が明らかになり、緑政土木局が川底の浚渫予算を要望していましたが、これも財政局案では未計上です。

1月16日には、財政局案を受けて、改めて各会派が市長に対して重点要望を行います。市長査定において、それらが予算計上されるように、強く求めていきたいと思います。

« 税務と国保が一体の窓口で丁寧な納税相談を―名古屋北部民商の栄市税事務所交渉 | トップページ | シンポジウム「検証 河村市政」党市議団主催のご案内 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1441995/69194905

この記事へのトラックバック一覧です: 避難所に簡易式スロープを配備、子ども食堂助成等が予算計上―来年度予算の再生局査定公開:

« 税務と国保が一体の窓口で丁寧な納税相談を―名古屋北部民商の栄市税事務所交渉 | トップページ | シンポジウム「検証 河村市政」党市議団主催のご案内 »

  • Pc200421
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ