« 河村市政の評価をどう見るか―共産党市政アンケート2016 | トップページ | 税務と国保が一体の窓口で丁寧な納税相談を―名古屋北部民商の栄市税事務所交渉 »

2016年12月12日 (月)

10月1日現在、待機児童は1688人 うち隠れ待機児童は1488人に。

保育所待機児童は増加 1688人に

名古屋市は、保育に欠けるため保育所入所の条件は満たしているのに、保育所を利用できていない児童数が、10月1日現在で前年比で257人増の1688人となったと発表しました。

 そのうち、保育に欠ける状態なのに、特定の保育所を希望していたり、育児休業中の場合、国は「待機児童」と認めていない、いわゆる「隠れ待機児童」は1,488人でした。

 少子化といわれていますが、名古屋市の就学前児童数は、人口の4.4%で、ここ数年横ばいです。一方、保育所入所希望児童は増え続けています。親の就労を保障し、子育てを支える、子どもの発達をしっかり保障するため、保育所の整備は今後も欠かせません。

市が保育所整備に責任をもって進めるべき

 一方、保育所の整備が進んでいません。今年度予算で23か所の「賃貸型保育所」を整備する予定でしたが、地元の調整に時間がかかっているなど、12か所が来年4月の開所に間に合わない事態となっています。

 これまでは土地探しから住民への説明などは保育事業者が行い、名古屋市は事業者を選定するという丸投げに近いやり方でした、こうなった以上、名古屋市が責任をもって進めるべきです。

公立保育園の民営化を進めている場合ではない

 民間による整備が厳しい中、公立保育園の民営化を進めている場合ではありません。公立保育所の比較的広い園庭や公園敷地、学校施設などに仮園舎などを作り待機児童を解消するなど、他都市の取り組みも参考に定員増を進めるべきではないでしょうか。

« 河村市政の評価をどう見るか―共産党市政アンケート2016 | トップページ | 税務と国保が一体の窓口で丁寧な納税相談を―名古屋北部民商の栄市税事務所交渉 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1441995/68816426

この記事へのトラックバック一覧です: 10月1日現在、待機児童は1688人 うち隠れ待機児童は1488人に。:

« 河村市政の評価をどう見るか―共産党市政アンケート2016 | トップページ | 税務と国保が一体の窓口で丁寧な納税相談を―名古屋北部民商の栄市税事務所交渉 »

  • Pc200421
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ