« 窓口での判断は重責―新規介護相談の9割はいきいき支援センター 新総合事業がスタート | トップページ | ヘルプとデイサービスの基準を緩和した新総合事業は見直しを »

2016年9月14日 (水)

介護職場の人材不足や負担軽減に「介護ロボット」-9月補正予算

 名古屋市の9月補正予算案は総額で約6000万円。

緑区に建設予定の第3児童相談所の建設費の一部と、中小企業の新商品・サービス開発を促すための補助金、介護ロボット導入のための補助金が計上されています。

 全国的に、介護分野で働く労働者の人材不足は深刻です。否決されましたが3月に日本共産党を含む野党は共同で「介護職員などの処遇改善法案」を提出しました。厚生労働省が進めているのは、「介護ロボット技術の活用により、介護現場の負担軽減を図る」という「介護ロボットの導入」です。

 今回の補正予算の一つ「介護ロボット導入のための補助金」は、2700万円。およそ30の事業所を対象に購入費の全額を国が補助するものです。導入後3年間は介護ロボットの効果について国への報告義務が課せられます。

 介護にかかわる技術革新を否定するものではありませんが、介護分野の離職率が高いことや、人材不足や低い介護報酬のため、他産業よりも低賃金という指摘は、介護保険制度の開始当初からありながらも、昨年度の介護報酬改定では大幅に引き下げれました。

 安倍政権が進める「ニッポン一億総活躍プラン」が、真っ先に企業のロボット開発やロボット購入費などに予算が当てられて、介護で働く人の処遇改善が後回しでは、介護の人材不足の根本的な解決にはなりません。

« 窓口での判断は重責―新規介護相談の9割はいきいき支援センター 新総合事業がスタート | トップページ | ヘルプとデイサービスの基準を緩和した新総合事業は見直しを »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1441995/67489515

この記事へのトラックバック一覧です: 介護職場の人材不足や負担軽減に「介護ロボット」-9月補正予算:

« 窓口での判断は重責―新規介護相談の9割はいきいき支援センター 新総合事業がスタート | トップページ | ヘルプとデイサービスの基準を緩和した新総合事業は見直しを »

  • Pc200421
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ