« 愛知選挙区は「すやま初美」 比例は「日本共産党」へ | トップページ | 子どもたちからおひさまを奪わないでー署名にご協力を »

2016年7月13日 (水)

日本共産党の躍進-野党共闘の成果はもうすでに!

 歴史的な参議院選挙でした。日本共産党は野党と市民の共同で力をわせ、未来をひらこうと訴え、文字通り、11の一人選挙区で統一候補が自民党候補を退けました。

 野党共闘がここまで進むのは画期的です。野党共闘の過程で、暮らしの問題、平和の問題など具体的な国民要求を15本の法案にして、国会に提出しました。

 アベノミクスによる貧困と格差の拡大をただすこと、あるいはTPP(環太平洋連携協定)、沖縄基地問題に見られる国民の声にまったく耳を傾けない強権政治やめさせよう、そして安倍内閣による憲法改悪は許さない。こういう点で野党が合意できたのも、とても大きな意義があると思います。

  労働者派遣法の改悪をただすことも、野党の共同提案です。日本共産党は「最低賃金1000円に、さらに1500円へ」を公約に戦いました。野党が最低賃金1000円をかかげると、自民党も「最低賃金1000円」と言わざるを得なくなりました。早くも公約実現に向けて進んでいくことでしょう。

  選挙後に、憲法を壊し改憲の狙いをむき出しにした安倍首相。公明党も同じ政権与党として改憲に向けて協力せざるを得ないでしょう。どの世論調査でも「改憲には反対」が大勢になっている今、これも無視して憲法を変え、いよいよ、アメリカと「血の同盟」(安倍晋三氏の著書「この国を守る決意」から)を結びたいのか。

 「野党は共闘」の声にこたえ、現憲法の『戦争放棄』『基本的人権』『国民主権』を守り、生かすために力を合わせて私も頑張る決意です。

  すやま初美さん、お疲れ様でした。これからも出番はたくさん。

 すやま初美さんの訴えは今後も生きてきます。

Dsc_0236
「共闘『足し算』以上」と報じる毎日新聞 7月12日付

 

« 愛知選挙区は「すやま初美」 比例は「日本共産党」へ | トップページ | 子どもたちからおひさまを奪わないでー署名にご協力を »

コメント

私は参院選でそちらに投票させて頂きました。
戦争放棄への危惧があったからです。でもこのままでは戦争放棄どころか、子どもの貧困にみられるように基本的人権までおびやかされるようでとても恐れています。
子供の貧困はまったなしです。全国的にみれば貧困家庭の中には餓死されただけでも悲劇なのにそれが何ヶ月も周囲が気付かなかったということもあったようですね。放っておけない話です。
夢をもてとか戯言をおっしゃる方がいますが、誰にも助けてもらえないこの社会でどんな夢をもてますか、極度の貧困でそんなことを考えられる人は少数です。まずは食べられるようにしてあげる、学校に通える、それが大前提です。
今も学校が休みになって給食が主食の生徒さんがこまっているはずです。
何とかならないのでしょうか。市長は何をされているのでしょうか。
市役所には食堂はありませんか。そこで食べさせてあげるとか。

調査が必要なんですかね。毎日食べるのもままならないこどもを前にして。
政治を知らない私には日常的に人的災害が起きているのに手を差し伸べられないには
何かやりきれない気がします。
どうか一つ宜しくお願い致します。

Jeansさん コメントありがとうございます。昼過ぎに登庁してコメントを見せていただきました。
子どもの貧困問題は名古屋でも深刻です。子ども食堂を取り上げた議会質問を昨年11月にいたしまして、今年度からモデル的に名古屋市が子どもの居場所作り事業を行うことになりました。
議会質問でも言いましたが、自治体が貧困の実態がつかめないというのが、正直なところでしょう。沖縄県が独自に子どもの実態調査を行い、29.9%と公表し、具体的な貧困をなくす目標を作りました。名古屋市にも実態調査を求めていますが、今年度は愛知県が子どもの貧困実態を調査する検討を始めています。
制服のリユースはPTAなどを中心に取り組まれていますが、全市的にやられているかは把握できていません。議員としてというご質問ですが、全体をつかめる教育委員会で、子育て世帯の支援という立場で、リユースの取り組みを奨励することはできると思いますので、話していきたいと思います。
また、こういったことは行政からというのは腰が重いというのはお感じだと思います。子ども食堂が地域から自主的に持ち上がってきたのも、問題意識を持つ人たちが共同して立ち上げてきた経過もあります。地域と行政の橋渡しを本気でやっていく必要があると考えています。

制服や子ども食堂について記載させて頂いたものです。
あまりご興味ありませんでしたか。
最優先で取り組む課題だと思っていました。
共産党の方なので大いに関心がおありになると思って思いきって投稿させて頂きました。
政治はなかなか難しいのですね。大変失礼致しました。

共闘は上手く行ったと思います。
最近、貧困によって学生服が購入できず、学校に通えないこどもがいると聞きました。日本でそんな状況があるなんて驚愕しました。戦後のみんなが貧しい状況ならまだしもアベノミクスの恩恵を受け、富を増やしている人も多くいる中でです。食でいえば満足に毎日食べられない、給食が主食になる家庭が多いというのが多いらしいですが、一方で富裕層のペットは牛肉を食べているそんな格差がある。市内でも私達には見えていませんが、おそらく、そういったこども達がいるんでしょうね。
そんな環境に民間レベルでいろいろ動きがあるようですが、学生服のリユースを学校やNPOさんが中心となって展開されています。卒業生から寄付を受けて困っている生徒さんに譲るそうですね。議員さんはそれに対してどういった対応をなさっていらっしゃるんでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1441995/66491220

この記事へのトラックバック一覧です: 日本共産党の躍進-野党共闘の成果はもうすでに!:

« 愛知選挙区は「すやま初美」 比例は「日本共産党」へ | トップページ | 子どもたちからおひさまを奪わないでー署名にご協力を »

  • Pc200421
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ