« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

天守閣木造復元は認められない―9月補正予算で日本共産党反対

9月30日、日本共産党市議団は、9月補正予算に対し、名古屋城天守閣木造復元は認められないと反対討論を行いました。

反対理由は、名古屋城整備検討調査と銘打って、名古屋城天守閣の木造復元に本格的に踏み出す予算が計上されていること、問題点4つを示しました。

 

第1は市民の意見を聞かず、市民合意のない中で木造復元へと舵をきったことです。

当局は7月1日の経済水道委員会で、「木造復元を目指す」という方針を撤回し、複数の「選択肢を示しながら、市民の意見を聞き、調査結果などを丁寧に説明する」という方針を示しました。

ところが、市民の意見を聞くこともなく、木造復元に向けた技術提案交渉方式による契約手続きを開始するというのは、市民そっちのけと言わざるを得ません。

昨年2月に実施されたネットモニターアンケートでは「耐震改修」が7割を超えたように、木造復元についての市民合意はありません。

市民アンケートを行うというのなら、補正予算を提出する前に実施すべきです。

 

第2は2020年7月のオリンピックまでに竣工という無謀な方針となっていることです。

当局は委員会で、事業者募集の条件として2020年7月までの竣工を明示しました。

市の調査では、天守閣本体だけでも、解体に3年、復元工事に6年、合わせて9年。

しかも、御殿の工事と重複しないよう「本丸御殿完成後に木造復元に着工するのが望ましい」という結果が出ています。

こうした調査結果を棚上げにする工期の設定は資材や人件費の高騰をまねき、事業費が跳ね上がることはあきらかです。

第3は概算事業費も明らかにせず、財源のめどがたたぬままでの強行は市民の暮らしに犠牲を強いる恐れがあることです。

 

木造復元といっても木材や仕様により270億円~400億円と大きな幅があります。概算事業費も示さず事業者まかせにするのはあまりにも無責任です。

国からの補助金確保のメドも立っておらず市の財政見通しも厳しいもとで、巨額の市費を投入すれば市民の暮らしに大きな犠牲を強いることになりかねません。

 

第4は、「特別史跡名古屋城跡全体整備計画」では、天守閣については耐震改修を進める方針であるにも関わらず、木造復元に方針を転換することは、この「全体整備計画」との整合性がとれないことです。

 

以上の点から、天守閣の木造復元には大きな問題があり、いま急ぐべきではない

 

請願「辺野古新基地建設中止を求める国への意見書を」―名古屋市議会は不採択

地方自治を考えるとき、沖縄県民が平和を求め「米軍基地は沖縄に要らない」という大多数の思いを受け、その先頭に立って、忠実にその実現に力を尽くす翁長知事を中心とした沖縄県の行動に、私も勇気をもらい、正義とは何かを深く考えます。

30日の市議会本会議で、その地方自治を問う請願の採択が行われました。

市民から出されていた、「辺野古新基地建設をやめることを求める意見書提出に関する」請願です。すでに、7月17日の総務環境委員会で審議があり、日本共産党は採択を求めましたが、自公民減の各会派の多数により不採択となっていました。

本会議で委員会報告がされ、不採択の結果について、日本共産党名古屋市議団は、不採択に対する反対討論を行いました。

討論に立った、さはしあこ議員(緑区)は、昨年の県知事選挙、衆議院選挙で「辺野古新基地建設に反対である県民の明確な意思が示された」と訴え、9月21日に翁長雄志沖縄県知事が国連人権理事会で行ったスピーチを引用し「自国民の自由・平等、平和、人権、民主主義、そういったものを守れない国がどうして世界の国々とその価値観を共有できるでしょうか」と紹介し、「『辺野古新基地建設反対』の住民の思いをくみ取り、同じ地方議会として国に対し意見書提出を求める請願の採択を」と呼びかけました。

日本共産党以外以外の会派により、不採択となりました。

圧倒的な県民の声を無視し立ち止まることなく強引に政治を進める安倍政権に、はっきり物言うことこそ、地方自治の役割ではないか。住民が主人公のなんとしても実現していきたい。

Img_1593_2




 

 

 

2015年9月28日 (月)

市民の暮らしが大変な今、巨額の費用を要する天守閣木造復元は必要はないー経済水道委員会

9月補正予算を審議する名古屋市議会の経済水道委員会は、「名古屋城整備検討調査費3500万円」をめぐり審議を続けてきました。

経済水道委員会は、今年6,7月にわたり、市民経済局が行った「早期に天守閣木造復元」「耐震対応・大規模改修」の比較調査の報告を受け、「財源確保問題」「名古屋城全体整備計画との整合性の問題」「市民に意見を聞く必要がある」と指摘し、さらに議会に説明をしていく必要があると市民経済局に求めてきました。
しかし、河村市長は、議会や市民の意見をきくことなく、「オリンピックに間に合うように早期天守閣木造復元」に向けての調査費3500万円計上する補正予算を提案してきました.
2020年に間に合わせる無謀な計画
天守閣本体の復元だけでも、9年かかるというのがこれまでの調査結果でした。270〜400億円かかるという費用も、開催まで5年きった東京オリンピックに間に合わせようというものです。工期を早めれば工費も必然的に跳ね上がることは明らかです。ことが歴史的価値の高い天守閣です.復元となれば、文化庁の許可が必要です。本丸御殿さえ3回申請してやっと(1〜2年はかかる)許可が出たのです。大変無謀な計画だと言わざるを得ません。
財源確保のめどもない
巨額の費用がかかる本事業に対し、財政局は財政見通しは厳しいと判断しています。国庫補助金を当てにするにも、国の社会資本整備事業交付金はオリンピックに関連事業に殆ど充てられるため、木造復元に補助金があてられるめどはないと国交省も言う程(自民議員)。現在のRC工法でたてたときも、本丸御殿も1/3が企業や個人の寄付でした。(本丸御殿は150億円の工事費)。同じように寄付をしていただくとしても130億円近い寄付を集めるのは現実的ではありません。槽なれば名古屋市の一般財源をか、市債(借金)をあてることになってしまいます.そうなれば、市民の暮しに必要な予算を削り市民に犠牲を強いることになりかねません。財源のめども示せない事業など危険です.
名古屋城全体の整備計画に大きな影響をあたえる
もともと、全体計画で天守閣は「耐震改修」という方針がありました。しかしその計画も見直しすることもなく、天守閣に莫大な予算を投じようというものです。二の丸庭園や多聞櫓などの整備への影響は多いに考えられます。
市民の暮らしが大変なときに早期木造復元は必要ない
1年半前にネットモニターアンケートでは、7割越える市民が「天守閣木造復元」よりも「耐震改修」を望んでいました。消費税増税、アベノミクスによる物価高があり、労働者の実質賃金も上がらないまま、巨額の費用を投じることに市民の理解は得られません。
日本共産党はこれらの理由から、補正予算は認められない立場で、30日の本会議において反対討論をおこないます。
市長の強引なオリンピックに間に合わせるという天守閣木造復元に、市民犠牲を強いるのか、無茶な計画だと自民公明も指摘したこの計画。反対も辞さない勢いが、2日目にはトーンダウンしています。

2015年9月26日 (土)

議員定数削減と議員報酬「適正額」の諮問を民主党などが要求―名古屋市議会改革推進協議会

名古屋市の議会改革を推進するために設置されている議会改革推進協議会で、「議員定数の在り方」などについて議論が行われています。

9月11日の第4回会議で、現在の定数75を65に10削減する考えを民主党が主張。自民・公明・減税も削減を主張しました。

日本共産党は、「各層の多様な民意を市政に反映させるために必要な人数を確保」するという議会基本条例の観点から現行の定数を維持することを主張しました。

名古屋市は議員1人当たりの人口が30,185人であり、政令市では横浜市、大阪市に次いで3番目に多く、定数削減すれば、さらに多様な民意が市政に届けにくくなります。また、定数を6人以上削減すると、定数2の選挙区が中区も含めて3つになりますが、定数2では、大政党が議席を独占する可能性が大きく、少数政党が排除されやすくなります。定数の削減は、民意が反映されにくい定数2の選挙区を増やすことになるのです。

民主党などは削減の理由を、「身を切る」ため必要だといいますが、議員定数削減できられるのは民意です。政令市の中でも議員一人当たりの人口が3番目に多区なっています。少数意見もしっかり市政に反映させるに、現在の75人を削減することは許されません。定数削減が議員報酬引き上げの引き金になり、一方で民意が切られてはなりません。 

Photo

2015年9月22日 (火)

敬老の日にー改めて誓う

9月21日敬老の日、北区内の小学校区では、学区連絡協議会による敬老祝う会が催されました。

私もご招待頂き、皆さんの元気なお顔を拝見して、この笑顔を絶やすことがないようにしなければと改めて思いました。

Photo

連合会長さんのお話。

北区は65才以上の方が人口の3人に1人おられる。昔は、長寿について「丈夫で長持ち」と言われた。その後は「ピンピンころり」の言葉がはやって、知多の方に癌封じの神社へお参りするということも流行った.今は「健康寿命」と言われる.生きがいをどこに見出すか、地域で年よりパワーをいろいろな形で発揮していけるようにしたい。

私からはお祝いのメッセージをいわさきちひろの便せんにのせてお贈りしました.

「ご長寿のお祝い申し上げます.

戦後70年が経過し

改めて皆様方が築かれた平和と繁栄に感謝申し上げ

二度とこの国が戦争の惨禍を繰り返さないよう

最大の努力をしてまいります

いつまでも壮健であられますようお祈りいたします

日本共産党名古屋市会議員 岡田ゆき子」

2015年9月21日 (月)

金持ち優遇の市民税減税は115億円(見込み)―来年度以降の名古屋市財政収支見込み発表

9月3日の財政福祉委員会に、今後の財政収支見通しが示されました。

市税は5001億円(2015年)から5135億円(2019年)に、増収になっていますが、2016年度以降は、個人市民税(個人収入にかかる市税)の伸びは1.0%、法人市民税(企業などの収益に係る市税))の伸びは 3%と見込んでいます。

企業の収益が給与などに反映が十分されていないことの反映と言えます。

来年度は、市税収入全体で24億円の増となりますが、扶助費や投資的経費は増えています。さらに、金持ち大企業優遇の市民税減税により、115億円もの減収となるため、差し引き、収支不足は83億円。

収支不足を補うために、市職員100名の削減や公的施設の民営化などの行財政改革を進めることになります。山口議員は「減税そのものの見直しが必要」と指摘しました。

この収支見通しの中には、市長が鳴り物入りで進めている、「名古屋城天守閣復元」のための400億円といわれる費用など入っていません(財政局)。

市民の暮らしが厳しい今、金持ち優遇の上、大手ゼネコンの儲けにつながる大型事業など到底市民の理解は得られるものではありません。

防災・教育・介護・まちづくりなど多彩なテーマで本会議質問―9月議会個人質問

市議会本会議では、党市議団から4名が質問に立ちました。

藤井市議(中村区)は、統廃合された学校跡地の体育館なども避難所として存続させるように求めました。西区や中村区では小学校の統廃合がされてきましたが、子どもたちは減少しても人口そのものは大きく変わることなく、元小学校区単位で、自治会組織、消防団などは存続しています。

S_2学校施設が地元の避難所、交流施設として存続を求める声も紹介し、廃校の耐震、避難施設としての位置づけを求めました。

高橋市議(南区)は、教職員の採用、配置、給与などが県から市へ権限移譲される問題で、正規教員の採用を拡大し、少人数学級の拡大や不登校対応を充実させるよう迫りました。

保育所入所申込みが 10月から始まります。居宅外労働に比べて居宅内労働(自営業など)は、入所の優先順位が低く設定されているとし、地域経済を支える自営業者が仕事と子育て両立できるように配慮をと求めました。S_3

さいとう市議(名東区)は、改悪された介護保険の負担増と特別養護老人ホームの入所を重度者のみに限定した利用抑制を厳しく告発し、負担の軽減策を提案しました。また、今回の大幅な制度改悪による影響について、市独自で実態調査をするよう求めました。S_4

江上市議(中川区)は、リニアを起爆剤とした名古屋駅周辺開発s計画の問題点を質し、人にも環境にも優しい災害に強いまちづくりこそ必要と訴えました。Photo

2015年9月12日 (土)

国の悪政から市民のくらしを守る市政をー2016年度予算の市長要望

10日、名古屋市会9月定例会開会日に、日本共産党名古屋市議団は来年度予算要望を市長に対し行いました。

20150910_1
2015年9月10日 2016年度予算市長要望 youtube

予算要望は大きく3つのポイントを柱として、197項目を分野ごとに整理しました。

ポイントの第1は

戦争法案を強行しようとする安倍内閣の暴走と正面から対峙して、国の悪政から市民を守る防波堤としての姿勢を強く求めることです。

ポイントの第2は

雇用に対する問題。特に雇用の質が問われています。市内でも増え続ける非正規労働に歯止めをかけ、ブラック企業対策を市としても進め、名古屋市職員の非正規化、委託化に歯止めをかけ必要な職員の確保を求めることです。

ポイントの第3は

くらしの分野。敬老パスの現行制度存続、国保料の一人3213円の引き下げ、保育料の据え置き、学童保育の助成金増額、チャレンジ500(市職員による中小企業訪問)の推進、などこの間の前進面を評価しながら、さらに踏み込んだ市民生活を守る具体策を提案しています。

Img_5025

保育園の待機児童はゼロになったという名古屋市ですが、障害の疑いのある子どもたちの療育する場は、待機児童が増えている指摘に対して(特に2歳児が厳しい)、岩城副市長は『前向きに取り組みたい』と述べました。

国民健康保険加入者は休養温泉ホーム松ヶ島、おんたけ休暇村の宿泊補助(1000円)を受けられますが、75歳以上の後期高齢者医療加入となると補助が受けられないことについて、市長は「ぜひ使ってもらえるように何とかしたい』と答えました。

公害記念館をつくる提案に、市長「わしゃ賛成。きちっと(四日市市の公害記念館)見てぜひ取り組みたい」と答えました。

2016年予算要望全文はこちらをクリック→「2016yosanyoubou_teisyutuban.pdf」

2015年9月 8日 (火)

障害があっても自由に出掛けられるようにヘルパーさんを増やして―障害者団体の市要請

毎年、障害者団体(きょうされん愛知支部)の障害当事者、施設職員、保護者の皆さんが名古屋市健康福祉局と市交渉を行っています。

Dsc_36478月31日名古屋市合同庁舎にて行われた市交渉には200人ほどの方が参加し、障害者相談支援、就労支援、グループホームなどの施設整備について、また障害のある仲間からは、「ヘルパーさんを増やして」「給与を上げて、好きなものを買いにいきたい」と直接訴えされました。障害者支援課長から「障害をお持ちの皆さんから直接お話を聞く機会をあらためて作ります」との答弁がありました。これは前進です。

丁寧に対面し相談に乗りながら支援計画を立てる相談支援員が、国が示した担当件数の目安50件を超えて、1人80〜100件以上担当しているという実態があり、相談員を複数配置できるだけの市独自の補助をとの切実な訴えもありました。

来年度予算に向け様々な団体の市交渉が行われています。市議団も同席し話し合いを聞きながら、議会論戦に生かしていきたいと思います。

国保と高齢者医療改善10万署名スタート

「名古屋の国保と高齢者医療をよくする市民の会」は、今秋に取り組む署名スタート集会を開きました。11月議会に向けて、10万人署名を開始します。

請願事項

  1. 国保料を大幅に引き下げてください。
  2. 国保料の減免制度を拡充し、該当する全世帯を自動的に減免してください。
  3. 赤ちゃんから18歳までの子どもは、均等割の対象としないでください。
  4. 国保の資格証明書・短期保険証の発行や、政亜kつ実態を見視した差押えはやめてください。
  5. 後期高齢者の保険料の9割軽減などを継続するよう国に求めてください。

署名スタート集会で、日本共産党山口きよあき議員が「名古屋市国保の現状と課題」について報告しました。市民の運動と議会論戦で一人平均3,213円国保料を引き下げることができたこと、保険料減免の対象者への個別の案内を始めたことなど改善させたことに確信をもとうと、呼びかけました。

署名へのご協力お願いします。

続きを読む "国保と高齢者医療改善10万署名スタート" »

2015年9月 1日 (火)

市民が楽しめる冷水プールにー楠冷水プール改善を求めて視察

屋外冷水プール 名古屋市楠プール

北区楠にある名古屋市楠プールは屋外冷水プールとして、1987年に開設されました。夏休みに(7月20日〜8月31日)営業し、期間中は4019人、一日平均106人の市民が利用します。(数字は2014年度)

10年前はどうだったか、教育委員会に確認したところ、同期間で7646人、一日平均196人。

市内の室内温水プールの整備が進み、市街近郊にも施設が整備されてきたことも関係があるようです。しかし、暑い夏、屋外の冷水プールで楽しむ子どもたちも多くいます。

7コースの25mプールと水深80cmの学童プールと水深30cm幼児プールがあり、学童期の子どもたちが多く利用し、親子連れ、高齢者も楽しめる地域になじみのある公共施設の一つです。

利用したくなるプールに
築後33年が経過し、老朽化が見られることから、きれいに改修することで、沢山の利用者に気持ちよく楽しく利用して欲しいと、地元の方からの改善要望をお聞きしてきました。
9月1日、地元楠学区の皆さんと一緒に現地を訊ねました。事前意よく利用する学童保育の指導員さんからも要望をお聞きしていただいたので、名古屋市教育委員会スポーツ振興課、指定管理を受ける名古屋市教育スポーツ協会スポーツ事業課の職員の方にも来て頂き、現場を見ながら説明を受け、直接要望を伝えてきました。
Dsc_3676_3
水の透明度は高いと市民からいって頂きました。
Dsc_3667
利用者からの要望
プールサイドの床の傷みと変色による見栄えの悪さ
シャワーの水量が弱い
もっと利用が増えるようにイベントの企画、宣伝などして欲しい
運営の現状と存続のための課題
年間の運営費のうちほとんどが人件費で、改修・修繕に使える金額は年間50万円しかないということでした。そのほとんどがポンプなどの機械や水道管の更新などに使われていること、水道料金の節約も心がけているということでした。
教育委員会からは、大規模な改修が必要になる場合は、施設の存廃も含めて検討していく対象施設となっているが、公共施設としてより多くの利用があるならば、現在は、閉鎖するなどの予定はないとの説明でした。
老朽化、見栄えの悪さから利用者の減少なども考えられないか。気持ちよく利用していただき、利用者数を増やすための修繕が必要ではないかという意見も伝えました。
改善に向けた検討
市民からの要望のうち、水道蛇口にシャワーノズルを新たにつけるなど工夫すること、傷んだプールサイドは順次更新すること、次期指定管理者に課題として申し送っていくことを約束しました。
また、住民からは、地元と共催の企画や、行事の宣伝に組み回覧を利用してはなど出されました。
担当課職員からは、「1人でも多くのからに利用してただくために、今日の要望や皆さんからの提案にもお応えできるようにしていきたい」とはなされました。
Dsc_3669
となりに楠公園があり、緑に囲まれたプールです。
Dsc_3672
市民の方と職員と一緒に気になるヶ所を確認しました。
Dsc_3677
プールサイドの床は、変色して見栄えがとても悪いですが、良くブラシで擦って掃除が行き届いていると感心されていました。
Dsc_3680
入水前のシャワー設備。愛知県プール条例では、腰まで浸かる塩素の消毒槽は効果が殆どないということで中止されることになりました。シャワーは、身体の汚れを流す目的で行います。しかし、水量を落としているため、十分な効果がないのではと指摘されていました。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

  • Pc200421
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ