« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月27日 (水)

みんな悩みを抱えてながらも必死に生きているー障害のある子どもを持つ家族の交流会

 5月22日、北区に本部がある名北福祉会が主催する「第1回障害部 家族のつどい」に参加してきました

 名北福祉会の障害施設(日中)の利用者は、120名を数えます

 各施設では家族の交流をしていますが、施設間の横のつながりがなかなかもてませんでした。「家族のつどい」の企画は画期的です

Dsc_2890_5

 

   当日のプログラム

Dsc_2892_2

「障害や個別の問題を乗り越え、つながってこそ希望が見えてくるはず」。この「つながり」をキーワードに、5人の家族から発言を頂き、フロアからもたくさんの発言がありました

 

 印象的だったのは、「家族だけではしてやれないことが、たくさんある」

どの方も共通して言われていました。私自身もほんとうにそう思います

障害があるために、経験できないことがまだ沢山あります。人との関わりの狭さは身をもって感じます

  障害者自立支援法は生きるために必要な支援を「受益」として原則利用者負担があることなど、障害者権利条約批准や障害者差別法に照らしても、問題が多い法律ですが、これまで、家族介護が殆どだったものから、第3者である訪問介護やデイサービスの職員さん、施設通しての仲間との関わり、自立めざしてグループホームの生活など、20年前と比べても大きく変化しています

家族介護だけでは限界のあった障害者の生活が広がりました。 

 また、親からは「自分の老後が心配」という正直な意見も出ました

「きょうされん」が2010年実施した「家族の介護状況と負担についての緊急調査」では深刻な介護状況が報告されていました。

60 歳以上の母親0 が介護している主な内容では、食事が 844 (65.6%)でもっとも多く、次 いで話し相手と外出が 842 (65.4%)、見守りが 782 (60.8%)、移動が 668 (51.9%)だ った。また外出を介護している母親の最高齢者は 93 歳で、移動介護は 90 歳だった。さらに、 入浴を介護している 60 歳以上の母親 600 人のうち、息子を介護している人は 333 (55.5%) で、排泄介護の 454 人のうち、息子を介護している人は 262 (57.7%)にも及んだ。

 知的や身体、精神障害があっても、障害に寄り添い自立した生活を送ることができるだけの専門的な支援がほんとうに必要だと感じます。

 もう一つ、災害時についての発言がありました。障害のために特殊な生活支援が必要な子どもや家族にとって、大きな災害があったときに、どのような支援が受けられるのか、親の変わりにちゃんと介護してもらえるのかという不安です。

 第1回でしたが、たくさんの話を聞くことができました。フロアからは、「ぜひ今後も続けて欲しい」職員からは「家族の思いを職員も聞いて一緒に考える機会をもちたい」と積極的な感想が聞かれました。

 とても有意義な2時間でした。

大型パチンコ店前の歩道整備は来年度末をめどに進めます

 北区中切町に昨年4月オープンした、パチンコ「ゼント」。

 店舗予定南側の市道に面した歩道が狭く、地域の住民のみなさんからも、店舗に対し敷地提供による歩道の幅員拡張の要望が出されていました。
 昨年、日本共産党北地区委員会と私はゼントへ要望書を提出し、要請を行ってきました。
 昨年4月開店に合わせ、歩道の拡張はされましたが、これまでの排水溝や電柱跡のくぼみが歩道の中央に残っている状態となっており、「転倒などの危険がある」と、住民からも「早期に解決して欲しい」と声が上がっていました。
Dsc_2877
この問題について、北土木事業所に確認をしました。
  • この歩道下には、ガス、水道、電話線などが多く埋設されているため、排水溝を移動するにしても、「設計、整備とも多額となるため、来年度予算を市に要求し、認められれば来年度末にも整備を完成させたい」
また、新たに駐車場の騒音や光への苦情があります。これらについても、住民のみなさんからお話を伺い、必要に応じて店舗へも要請を行いたいと考えています。
店舗とは共存しながらも、住みやすい地域にするにはどうしたらよいか、一緒に考えたいと思います。

自衛隊の市街地徒歩行進訓練の中止申し入れ

 5月21日、陸上自衛隊第10師団の隊員126名は、迷彩服を着用し、小銃や銃剣を携えて、守山周辺の市街地、矢田川河川敷など徒歩行進訓練を行いました。

 当日は、三階橋付近も通過するということで、海外派兵に反対する会や愛知県平和委員会の方とも一緒に行動の監視と抗議、また自衛隊員に対して「みなさんを海外の戦闘地域には送らせません。戦争法案反対しましょう」呼びかけを行いました。

11351261_839596116110381_8147082049

11143223_839680332768626_63052547_2

Dsc_2869
 訓練目的は「徒歩行進に関する基礎的事項の概要を修得させる」「体力の向上をはかる」とありますが、わざわざ銃を持ち、小中学校の通学とも重なる時間に市街地で行うべきではありません。

 日本共産党名古屋市議団は、徒歩行進訓練に先立ち、名古屋市長、陸上自衛隊、守山区長に申し入れを行いました。陸上自衛隊へ市議団として申し入れするのは初めてです。駐屯地門前で申し入れ文書を読み上げました。

Moriyama_jieitai

 名古屋市長には、市民生活を脅かす徒歩行進訓練を行わないよう自衛隊にはたらきかけることをもとめました。

 また自衛隊からの通知を受け取っている守山区長に対しては、21日の訓練に立ち会うこと、市街地で行進訓練の情報を市民に提供することを申し入れました。

 

2015年5月25日 (月)

ストップ戦争法案―党市議団全員で栄宣伝

米国のあらゆる戦争に自衛隊員を参戦させる「戦争法案」が26日に国会審議に入ります。

5月25日、日本共産党名古屋市議団は、栄で昼休み宣伝を行い、「党派の違いを超えて、戦争する国にさせないために力を合わせよう」と訴えました。

市議選後、12人全員がそろって宣伝するのは初めてとなります。

私は、「住民のいのち暮らしを守る地方議員として、その対極にある戦争法案は許せない。反対の声をあげましょう」と署名も訴えました。

通りがかった男性は、「共産党はこんなに増えたのかね。頑張ってもらいたいね」と声をかけていただきました。

また、まだ選挙権がない大学生という女性は、「日本共産党にがんばってほしい。戦争するような国にしてほしくない」と言われ、戦争法案反対署名に名前をさっそく書いていただきました。

少なくない方が足を止めて、訴えを聞いておられ、関心の高さを感じます。

Dsc05591




2015年5月20日 (水)

仕事と安心の子育てが両立できる支援を―4月1日待機児童数発表

名古屋市は、今年度4月1日の待機児童数を発表。

市はこの「待機児童数」について、「待機児童数」と「保育所などを利用できていない児童数」という2つの数字を発表しています。

名古屋市待機児童数 4月1日時点

国の定義に基づいて待機児童とされている児童数=0人

保育所等を利用できていない児童数=国の定義にに基づき待機児童をみなされない児童数=546人

「特定の保育所を希望している」のは待機児童にふくめない?

 546人の内訳は、その大半が「特定の保育所などを希望している」場合となっています。特定の保育所となれば、「その人の都合か」とも思われますが、実際には、「第6希望まで記入したが、空いていなかったため、されに条件を下げなければならなかった」「アレルギー対応している保育園を希望したいため、他に選べなかった」「通園手段を考えれば勧められた保育園では難しかった」「兄弟で同じ保育所にどうしても入所させたかった」など様々な理由があります。

「働きながら子育てする」核家族が多い都会では、できるかぎりその条件に合わせた保育所にすることで、働く親を保障することができます。

 日本共産党は、国の定義によって待機児童に含めないこれらの子どもたちも待機児として対策すべきだと市に求めてきました。追求により、今年度の待機児童対策数には546人も含めて予算が確保されました。

「保育士資格者が半分しかいない」「就学まで預けられない」小規模保育を利用していれば待機児童に含めない?

また、「15人以下・3歳未満児までを預かるの小規模保育所や家庭的保育室」に入所している場合、就学前の従来の保育所に入所を希望しても「待機児童」として扱わないとしています。

 親が希望する保育施設は、従来からある就学まで預ける事ができる公立保育園、社会福祉法人等の民間保育園です。(2013年子ども子育て生活実態調査より)

 今年4月から始まった「子ども・子育て新制度」は、多様な主体による保育といいながら、営利目的の企業の参入をみとめ、保育資格者は半分でよいなどの規制緩和した小規模保育も認可保育園と同列に認めるています。保育施設にランクをつけ、複雑になった施設体系。しかし、親が希望するのは安心して発達保障される保育園です。

 どの子にも安心の保育を―日本共産党名古屋市議団は、保育に様々なランクをつけ、企業の儲けとなる保育事業への参入に反対してきました。新制度の下でも、名古屋市における保育の質を下げさせないために、公立保育園の民営化を辞めさせ、保育の質の確保、仕事と子育てが両立できる環境を皆さんと一緒に確保していきます。

 

 

続きを読む "仕事と安心の子育てが両立できる支援を―4月1日待機児童数発表" »

2015年5月19日 (火)

戦争法案は廃案に!ー北区で緊急集会に200名が参加

 北区上飯田南公園で行われた「戦争法案阻止!北区緊急集会」
急な呼びかけにも関わらず、ご近所さん、おじいちゃん、おばあちゃん、父ちゃん、母ちゃん、子どもたち、保育や医療、弁護士、わんこたち総勢200名という集会となりました。
 
 集会は5人から発言あり。
 安倍政権のこんな暴挙は世論で包囲して、法案はキッパリ廃案にしよう!
 日本の民主主義を守ろう!
 地方から暴走をストップさせようと発言が続きました。
 私は、285の地方議会が、戦争する国にするなとの意見書を出していることを紹介し、思想信条の違いを越えて「戦争する国」にさせないために力合わせよう、と呼びかけました。
 
 集会の後のパレードには、沿道の方のあったかい声援もたくさん受け、夕方の心地よい風の中、元気に歩いて訴えました。
国会は緊迫しています。たたかいはこれから1ヶ月半から2ヶ月の間。
引き続き、地域でおおいに訴えていきます。
 
 日本共産党は署名も取り組みます。ご賛同頂けるみなさん。下記に署名を!
Img_46871
上飯田通から平安通へ向かう
Img_46891
デモを誘導する警察官の振る棒もコールに合ってる感じします
Img_4678
集会に間に合い、発言する私。
Img_46861
4列縦隊で行進します。

2015年5月18日 (月)

議会改革推進協議会設置へー名古屋市議会

名古屋市議会基本条例に基づき、議会改革推進協議会が設置されました。

自民、民主、公明、減税日本、共産から各2名づつで構成する協議会です。
日本共産党から、田口団長、江上幹事長が担当します。
目的は、議会改革に関する諸課題について協議するものです。
 日本共産党市議団の議会改革は
①政務活動費に透明化・厳格化について
②視察旅費(議員任期中1人100万円)の適正化などについて
③市民参加の促進と情報公開の徹底について
④議会の民主的な運営について
⑤議員の政治倫理について
 具体的な提案をしながら、議会改革を前に進めるために頑張ります。
いま、他会派で専ら問題提起されているのが「議員定数の削減」について。
選挙公報で公約に上げていた議員は自民、民主など議員3人だけです。
なぜ今議員定数の削減なのか。
 今回の市議選は過去最低の投票率。この問題を直視し議会や議員への信頼回復のために、民意を反映する議員数を減らすことが今喫緊の課題でしょうか。議会推進協議会ではこの点も明らかにしながら、議会改革を進める議論を大飯にして行きたいと思います。
議員定数に対する、党市議団の考え
 条例では、各層の多様な民意を反映するために必要な人数を確保するとしています。党市議団は現在の75人は、民意を反映する必要最低限の定数だと考えます。
名古屋市議会基本条例の全文はこちら

日本を戦争する国にしないー世論で安倍政権の思惑をストップさせよう

名古屋市北区で緊急集会
戦争する国づくりは絶対に許さない
「戦争立法阻止、平和憲法守る 北区緊急集会」です!
雨は上がる模様です。鳴りものあればもってきてね。

11295651_359243860952219_3552266496

委員会の担当が決まりました

日本共産党名古屋市議団の議会委員会担当が決まりました。

◎委員長 ○副委員長

議会運営委員会  江上博之 さはしあこ くれまつ順子

常任委員会

総務環境委員会  ○さはしあこ 柴田民雄

財政福祉委員会  ○山口清明 さいとう愛子

教育子ども委員会  くれまつ順子 高橋ゆうすけ

土木交通委員会  ◎田口一登 藤井ひろき

経済水道委員会   岡田ゆき子 西山あさみ

都市消防委員会   青木ともこ 江上博之

特別委員会

大都市制度・広域連携促進特別委員会    山口清明 柴田民雄 

防災・エネルギー対策             ○さはしあこ 藤井ひろき

産業・歴史文化・観光戦略特別委員会   ○くれまつ順子 さいとう愛子

都市活力向上特別委員会            田口一登 青木ともこ

公社対策特別委員会               岡田ゆき子 高橋ゆうすけ

安心・安全なまちづくり対策特別委員会  ◎江上博之 西山あさみ

一部事務組合議会

愛知県競馬組合議会   くれまつ順子

名古屋競輪組合議会   藤井ひろき

名古屋港管理組合議会  山口清明 高橋ゆうすけ

愛知県後期高齢者医療広域連合議会 さはしあこ

2015年5月16日 (土)

戦争法案は廃案に!ー憲法9条を守ることが国際社会にたいする日本の責務

「平和安全法制」法案を国会に提出

名前とは正反対に、日本を海外で戦争する国に作り変える「戦争法案」そのものです。

日本共産党は、安倍政権の法案の閣議決定に強く抗議する宣伝を、この間集中して全国で行い、国会では徹底追及により廃案に持ち込むまで全力で奮闘します。

日本の平和維持活動とは関係ない、この法案の重大な問題点

●戦闘地域での軍事支援 「まちがいなく死者が出る」(元政府高官)

戦地に自衛隊員を派兵されることで、自衛隊員が人を殺す、また殺されるという事態に日本の若者をさらすことになる。机上で「日本の安全を守る」などといえるようなきれい事ではない。戦場で自衛隊員が遺体となる可能性に対して、「多少の犠牲は伴う」などという。

「停戦合意」が形式的にされていても、その地域の「治安維持支援」は一触即発の戦場と化す危険地域。アフガニスタン、イラクでの治安部隊の死者は3500人、4800人。そこに自衛隊を派遣するもの。

● 集団的自衛権を発動し、アメリカの先制攻撃にも自衛隊が軍事支援する

日本の防衛とは全く関係なく、利害関係もない国や地域にアメリカが先制攻撃をかける。そこに自衛隊も参戦する。安倍首相は国会答弁で、「アメリカの先制攻撃にも集団的自衛権を発動するのか」の質問に対し、否定しなかった。

イラクでもアフガン戦争でもアメリカの先制攻撃によって多くの民間人を殺害し民間施設を破壊する結果となった。この侵略的行為を自衛隊員に行わせるのか。

一切の武力を排除する憲法9条を守ることが日本の進む進路

憲法九条は一切の軍事力の保持を禁止している。これは「日本の安全保障」ではなく「日本からの安全保障」を意味するもので、日本が9条をもつことが、東アジアの平和と安定を確保するという国際社会の意思へと拡散する意味を持つと思う。

憲法が権力を縛るものだと言うことを知らない、危険な安倍政権には国会の論戦で、その企みを明らかにして、国民世論で廃案にさせよう。

Dsc_2855
Dscf61425月15日、大曽根駅西口では、本村伸子衆議院議員も緊急参加して宣伝。30名の参加者で賑やかに宣伝
Dscf6128戦争法案廃止の署名をお願いしました。30分ほどで30筆以上集まりました。
S0456100

5月14日は、閣議決定を受けて平安通交差点で緊急の抗議の宣伝。

続きを読む "戦争法案は廃案に!ー憲法9条を守ることが国際社会にたいする日本の責務" »

2015年5月15日 (金)

選挙後も続く日本共産党躍進の影響―連続取材受けてます

なんと、日本共産党名古屋市議団控え室の様子を中京テレビ局が取材!

躍進の秘密、若手議員中心に取材しているんだそうです。
11日、団会議始まる前に「頭どり」。頭どりとは業界用語かな。全員そろって会議始める前の状態を撮影するものです。

13日、5月臨時議会を前に、若手は歓談しているところ絵をとっていきました。
引っ越し前で、控え室はとても狭いです。もう少しひろくなってからも来てくださいね。
記者さん「この手狭感もいいですね」

14日、議会前にまた来られて、西山議員を取材。今の心境は?ときいていました。

6月にまとめて放送するようです。

Dsc_2837
11164805_836827963053863_7965750766



副議長候補として所信表明―市議会 議長・副議長選挙

5月議会初日は、議員総会が行われ、議長・副議長選挙が行われました。

議長   藤沢たかゆき 63票 

      田口一登    12票

副議長  小川としゆき  63票

      岡田ゆき子   12票

 私は、安倍政権の「戦争法案」が地方自治体に及ぼす影響は大きいことを所信表明に加えましたら、自民など議席から、ヤジが飛んでいました。

 「戦争法案」反対の世論は多数です。この問題で党派の違いを超えて一点共闘が広がっているのも大きな事実です。私は、日本共産党は戦前から命がけで侵略戦争に命がけで反対した政党としてあえて、所信表明に入れました。

以下が発言内容です。

副議長選挙にあたっての所信表明

                                20115年5月14日 岡田ゆき子

 岡田ゆき子です。副議長候補としての所信を表明させて頂きます

 私は、議長を補佐し、公正公平な議会運営に努め、議会の信頼回復と、市政の監視役として議会の役割が十分発揮されるよう、精いっぱい力を注ぐ決意です

 先の名古屋市会議員選挙の投票率は、36.57%と過去最低でした4年前の出直し市議選では、市民のみなさんの「政治を変えたい」という思いが広がり、投票率の低下に一定の歯止めがかかりました。しかし、選挙後の一部の市会議員による政務活動費の不正使用や、議員による口利き疑惑などが続き、議会と議員への信頼を損ねた事は重大であり、投票率低下の要因の一つと考えます

 新しい構成となった今議会にとって、市民の信頼回復は、最重要課題です

 名古屋市の議会基本条例は、「市民生活の向上を図るために自ら抜本的な議会改革に取り組み、市民の声を聞き、市民の視点から政策立案、政策提言できる議会をめざす」と謳っています

 議会改革を進めるにあたり、政務活動費の透明化、市民参加の促進は言うまでもありません。さらに、自ら襟を正し、市民から信頼され親しまれる議会にするため、昨年公布された「職員の公正な職務の執行に関する条例」に続き、議員自身が、市民全体の奉仕者として、人格と倫理の向上に努め、その地位による影響力を不正に行使して、自己の利益を図ることのないよう必要な政治倫理基準を定める、名古屋市独自の「議員政治倫理条例」の制定が必要であり、そうしてこそ、市民の信頼回復の一歩になると考えます

 最後に、安倍政権は、「集団的自衛権行使」に向け、「平和安全法制」ー私どもは「戦争立法」だと主張していますが、この一連の法案は、地方自治体にとっても避けて通ることのできない重大な問題です。この情勢のもと、「住民の福祉の増進を図る」という地方自治体の最も基本的な役割が発揮できるよう、市民のいのちと暮らしを守る立場で、国に対してもしっかりとものが言える議会となるよう努力してまいる所存です

 副議長候補として議会改革を進める立場から、以上を提案させて頂きまして、私の所信表明と致します、皆様のご賛同を、宜しくお願い致します

Dscf4167
議員総会は理事者側(市長、局長など)は出席しません。

議長・副議長選挙なので当然議長席にも人はいません。この絵は通常ない絵です。

2015年5月13日 (水)

特別支援学校のマンモス解消へ―南養護学校分校を視察

 知的障害をもつ子どもたちが通学する名古屋市立の4つの特別支援学校は、現在、高等部への入学者が増え続けており、過密・過大が大きな問題となっていました。

 岡田議員は、守山養護学校の深刻な事例を議会で取り上げ、早期解消のために養護学校の新たな建設が必要だと名古屋市に求めてきました。

 名古屋市教育委員会は、過密・過大の解消に向けて、既存の南区宝小学校の空き教室を活用し、南養護学校の分校を新たにつくり、市全体の高等部の受け皿を拡大する方針を立てました。

 今年4月に、宝小学校の空き教室一棟を利用した南養護学校小学部だけの分校が開校。日本共産党名古屋市議団から、山口、高橋、岡田議員が現地視察を行いました。

 おおむね一クラス6人の教室は、既存の教室を間仕切りし、面積を半分にして教室が作られていました。やや狭い感がありますが、そこここに、使いやすいように工夫がされており、また、宝小学校の生徒との交流スペースが作られ、休み時間アド自然と交流がされているということでした。

 中学部、高等部だけとなった南養護学校本校では、高等部の受け皿が新たに増え、不足していた特別教室や作業室が新たに設置できるようになりました。

 吉田校長は「教員たちの努力で、大きな混乱なく分校が開設でき、子どもたちがのびのびと遊んでいる姿を見ることができ安堵した」と言われました。

 今後、普通学校の子どもたちとの交流や行事、地域との連携など新たな取り組む課題もありますが、じっくり関係者や保護者などの意見を聞きながら進めていきたいと抱負を語られました。

10410652_803369253092743_9005393754吉田南養護学校校長 岡田、高橋、山口議員

11011572_803369216426080_1348266200通常教室を半分に仕切り、生徒6人と教員2人のクラス。間仕切りは可動式です。

障害をもつ子どもたちの放課後は、障害者自立支援法の中で、「放課後デイサービス」が位置付けられています。

小学部の子どもたちほぼ全員が地域のデイサービスを利用しているということで、放課後は業者のお迎えの車やヘルパーさんなどでごったがえっていた養護学校。

分校へ移転するにあたり、学校も努力して保護者、業者と綿密に調整をしてきたようです。まだまだ、連携は始まったばかり。ここも今後しっかり見ていきたいと思います。

2015年5月 1日 (金)

労働者よ団結せよ―第86回、愛知県中央メーデー

第86回メーデー。開会前に12人の市議団は2カ所に分かれて2人の県議と一緒に連帯の宣伝。

メーデー参加者は、栄会場3500人、県内のメーデーも併せて4000人超える参加でした。

1886年、「8時間は仕事のために、8時間は休息のために、8時間は俺たちの好きなことのために」をスローガンにアメリカの労働者団結し、ストライキを決行し、「8時間労働制」を勝ち取ったのが歴史の始まりです。

労働者の団結が人間らしい生活を取り戻すことができる。

労働者派遣法の改悪も、残業ゼロ法案もストップさせるために、団結はカギです。
そして、戦争立法など歴史の逆行を許さないために、日本共産党も全力で頑張ることを誓います。

2015

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

  • Pc200421
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ