« 敬老パス・国保・介護問題で市政報告―年金者組合ブロック会議 | トップページ | 小中学校給食費無料化へ―市政報告会から »

2014年5月10日 (土)

安心して老後を送れるように―介護問題でつどい

今日は、介護問題を中心につどいを開催しました。

Dscn3958jpg

現在国会で審議中の「医療・介護総合法案」は、今でも高齢者の生活を支え切れていない介護保険制度を、さらに改悪するものとなっています。

特別養護老人ホーム入居者は、名古屋市内で6,493人、うち要介護1~2度の方は1,029人。政府はこの要介護1~2度を入所対象者から外そうととしています。在宅で暮らせない事情があって入所されているのに、入所を「重度者のみに特化」することは、高齢者の暮らしの実態を全く見ようとしていないということです。

要支援1~2度の訪問介護とデイサービスを保険給付から外し市町村事業へ丸投げするという大改悪も。市町村事業となれば、専門的サービスを補償することは財政的に困難になります。ボランティアや専門職種ではないサービスの提供が安い報酬で実施可能となります。要支援の場合、認知症や、リウマチ、パーキンソン病、悪性腫瘍など進行性の疾患の初期の場合も多く、重度化しないためにも、予防段階での専門的サービスは必ず必要であるにも関わらずです。

「認定調査の度に介護度が重くなったり軽くなったりしたので、どうなっているのか」

「退院できると思って住宅改修したが、退院ができず亡くなった。区役所から、住宅改修費は10割自己負担といわれやむなく払ったが、納得できない」

「癌末期だったが、介護保険を使って本人の希望する自宅に一時退院ができてほんとうによかったが、軽度では保険が使えなくなるなんておかしい」

「名古屋市は、待機者がでないように特別養護老人ホームをしっかり建設してほしい」

「どんどん保険が使えなくなってしまうことに『おかしい。使えるようにして』と声をださなければいけない」

参加者からたくさんの疑問や要望が出されました。

会場では早速、改悪ストップの国会請願の署名を書いて頂きました。

« 敬老パス・国保・介護問題で市政報告―年金者組合ブロック会議 | トップページ | 小中学校給食費無料化へ―市政報告会から »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1441995/56141228

この記事へのトラックバック一覧です: 安心して老後を送れるように―介護問題でつどい:

« 敬老パス・国保・介護問題で市政報告―年金者組合ブロック会議 | トップページ | 小中学校給食費無料化へ―市政報告会から »

  • Pc200421
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ