« 北区後援会秋のバス旅行②ー男川やなで鮎のつかみ取り | トップページ | 危険な「特定秘密保護法案」反対の世論を広げよう »

2013年11月 5日 (火)

敬老パスの値上げは撤回を―市議団が健康福祉局に再度申し入れ

10月24日に名古屋市社会福祉審議会は、「今後の高齢者の生きがい施策のあり方について」最終報告をまとめ、市長に意見具申を行いました。

審議会の意見具申は、行政評価の「見直し」判定に固執し、市民の継続を求める声を退けて、値上げが必要と結論を出すだけのものとなっている。

日本共産党市議団は、値上げの撤回を求め、交付率こそ引き上げるべきと声明を出し、健康福祉局長に申し入れを行いました。

Photo

申し入れでは、敬老パスが名古屋の経済に及ぼす大きな効果を無視し、将来の財政負担増を前面に出る意見具申であって、「値上げしなければ65歳から交付もできない」を市民を脅し、値上げは避けられないと、世論を誘導するものだと指摘しました。

健康福祉局長は、「名古屋の宝である敬老パスは守っていきたい」「この問題は市民の関心は高い」としながらも、「(行革で他の事業も見直しを進めていて)敬老パスだけ何もしないというわけにはいかない」とこたえ、今後局内で見直しの検討をしてくと答えました。

「あり方検討分科会」では負担を2倍、3倍にという議論もされています。値上げにより、交付率が低下することも考えれば、経済効果や健康、環境効果の低下も避けられません。現行制度を守れの署名にご協力ください。

« 北区後援会秋のバス旅行②ー男川やなで鮎のつかみ取り | トップページ | 危険な「特定秘密保護法案」反対の世論を広げよう »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1441995/53837995

この記事へのトラックバック一覧です: 敬老パスの値上げは撤回を―市議団が健康福祉局に再度申し入れ:

« 北区後援会秋のバス旅行②ー男川やなで鮎のつかみ取り | トップページ | 危険な「特定秘密保護法案」反対の世論を広げよう »

  • Pc200421
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ