« 消費税増税を見越して市の使用料も値上げ提案―11月議会 | トップページ | 秋を味わう間もなく、冬に突入 »

2013年11月13日 (水)

URの住宅問題で、中部支社のレクチャーを受ける

10月28日付の「毎日新聞」は、独立行政法人都市再生機構(以下、UR都市機構)が民間マンションを借りて賃貸する「特別借受賃貸住宅」について、「99%が赤字で、約30億円の損失」「満室を前提に借受料を決めたが、実際は空室が発生し家賃収入が思うように得られず、赤字となったとみられる」「昨年度の空室率は約19%。半数以上が空室の団地もあった」と報じました。

名古屋市内のUR賃貸住宅は、高齢化とともに、公営住宅に比べ市場家賃に近いため、支払困難でやむなく転居となる世帯が後を絶ちません。

日本共産党愛知県委員会からもとむら伸子さん、わしの恵子名古屋市議、すやま県議予定候補(北区)、青木とも子市議予定候補(西区)、私岡田は、UR都市機構中部支社を訪問し、愛知県の空室の実態、住み続けられる住宅への対応などについて、担当職員から説明を受けました。

2
◎市内の「特別借受住宅の状況は。

  • 1985年から始まった制度で、家主から20年の契約で借りるもの。赤字もあり、契約数は減っている。
  • 市内の「特別借受住宅」は、5団地の約500戸あり、4~5%の赤字。赤字は空室が原因。
  • 全国では、新聞報道のように、ほとんどが赤字を抱え、累積を含めると100億円の損失となっている

◎北区のURの賃貸住宅では、上飯田第2公団や尾上団地など、空室が1割~2割あるようで、家賃が支払えないために退去せざるを得ない入居者が増えているのではないか。空室率を下げるためどんな対応をしているのか。

  • 空室の原因は家賃が高いからだけとは認識していない。間取りが時代に合わない、転勤のため退去なども理由として考えられる。
  • 入居者の多様性に対応するように、間取りの変更も検討する場合もある。実際は、逆に賃料引き上げになるため積極的にはできない問題もある。家賃がお得になるキャンペーンなど広報も務めている。
  • 所得による減免制度はないが、3年おきの家賃改定で、障害者、高齢者、母子世帯について値上げ幅の抑制をしている。

◎今後、土地所有者への譲渡、返還などを検討している住宅(北区では、御成通住宅・上飯田住宅)は、新たな入居受付はなく、空室が半分というところもある。スラム化も見られ、安心して住めない実態があるがどんな検討がされているか。西区の又穂団地などは、「終の棲家」として希望する高齢者に団地内の比較的安心して居れる等に移動するなど、必要な対策はあるのではないか。

  • URとしても、防犯上など問題があると認識しているため、建て替えはしなくても、安心・安全のための改修などはしている。
  • 譲渡に向けて、今の住まいをどうするのか関係者(名古屋市、土地所有者、UR)で検討中だが、町内自治会への報告は行っている。

説明の中で、URの賃貸住宅に対して、一定の条件の下、公営住宅としての役割を持たせて、家賃補助を行う自治体があることが明らかとなりました。また団地こと、部屋ごと自治体が借り上げて公営住宅に充てるといった自治体の取り組みも全国にはあるということで、後日資料をもらうことにしました。

名古屋市は、入居倍率が異常に高いにも関わらす、市営住宅は「民間も含め、市内の住宅は足りている」という理由で、建設していません。一方で常時空室のURがあるのであれば、家賃補助などの方法で、市民に安心な住まいを提供することも、できるはずです。

名古屋市としても取り上げる必要があると考えます。取り組んでいきたいと思います。

また、日本共産党愛知県委員会は、この問題の実態と改善を求めて11月27日に国交省交渉を行う予定です。

« 消費税増税を見越して市の使用料も値上げ提案―11月議会 | トップページ | 秋を味わう間もなく、冬に突入 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1441995/53922991

この記事へのトラックバック一覧です: URの住宅問題で、中部支社のレクチャーを受ける:

« 消費税増税を見越して市の使用料も値上げ提案―11月議会 | トップページ | 秋を味わう間もなく、冬に突入 »

  • Pc200421
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ