« 敬老パスの値上げは撤回を―市議団が健康福祉局に再度申し入れ | トップページ | さらに低所得者の負担増を市が進めるのか―市営駐車場料金値上げ »

2013年11月 5日 (火)

危険な「特定秘密保護法案」反対の世論を広げよう

安倍政権が国民の知る権利、表現の自由を侵害し、日本をアメリカと一緒に海外で戦争する国にするため、今国会に「特定秘密保護法案」を提出し、年内成立を目指そうとしています。

世論調査でも、半数以上が反対し、日本弁護士会、日本ペンクラブや、各新聞社でも、反対の意見が出されているところです。

外交、防衛をはじめ、国政の重要な問題で、国民の目口耳をふさぐことは許されません。

今年9月4日から7日にかけて、名古屋港に米軍イージス艦ヒギンズが入港しました。

Img_1539

商業港である名古屋港に軍艦が寄港すること自体問題ですが、名古屋港管理組合は、米国領事館から「24時間前に寄港日程を公表してはいけない」と要請を受けていたといいます。

防衛に関して、「特定秘密」となれば、核搭載かどうかはもちろん、寄港日程も明かされず、また問い合わせに対しては、「秘密保護法違反」で逮捕となることは容易に考えられます。

先日、北区内の個人の内科医院で、医院が発行しているお便りに、特定秘密法案の危険を訴える院長のお話が載っていました。立場を超えてこの「特定秘密保護法案」の危険性と反対の世論が広がっています。

撤回させるまで、頑張りましょう。

1                  11/2北区ダイエー前で宣伝。すやま初美県議予定候補と一緒

« 敬老パスの値上げは撤回を―市議団が健康福祉局に再度申し入れ | トップページ | さらに低所得者の負担増を市が進めるのか―市営駐車場料金値上げ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1441995/53838439

この記事へのトラックバック一覧です: 危険な「特定秘密保護法案」反対の世論を広げよう:

« 敬老パスの値上げは撤回を―市議団が健康福祉局に再度申し入れ | トップページ | さらに低所得者の負担増を市が進めるのか―市営駐車場料金値上げ »

  • Pc200421
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ