« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月28日 (金)

政令市で初 「MVオスプレイの配備及び飛行訓練に関する意見書」採択

オスプレイの配備止めよ 日本共産党提出の意見書が全会一致で採択されました。

会派で一致できるところを、あきらめずに「話し合い」という手段で「平和的に」会派の一致を見ることができたのです。

今の政府に学んでもらいたい。平和的解決に努力する地方議会の姿。外交にも共通する事です。

「オスプレイ配備に関する意見書」をダウンロード

画期的です。全国の配備反対運動の励ましになるといいです。

世界一危険なオスプレイを地元の反対を無視して強行する野田政権はいらないノダ。

慰安婦の事実は変わりない 政府は誠実な対応を

秋晴れの一日

午前中は、娘たちの母校で、体育大会がありました。昨年は三女が在学していたので、「母」としても楽しみました。

その娘は高校生になりましたが、こうして私自身が保護者で関わった学校に来れるのはうれしいものです。

Photo

学校へ自転車で向かう途中の道は、通勤していた道でもあって、医療生協のデイサービスの車や、担当させていただいていた患者さんが、屋外歩行訓練していたり、懐かしい景色ですも久しぶりに味わいました。

午後は、補正予算審議後の本会議

「日本軍慰安婦問題について日本政府に誠実な対応を求める意見書提出に関する請願」の採択を求め、賛成討論をを行いました。

日本軍の性奴隷とされた事実を告発したイ・ヨンスさんが、今年8月に川崎市で開かれた市民の会で証言(2012年9月23日号しんぶん赤旗)を読み上げました。

「15歳だった1944年秋、自宅で就寝中に、女友達に窓をたたかれ、手招きされるままに外にでると、日本軍人が待ち伏せしていました。そのまま連行され「帰りたい」と懇願しても「いうことを聞かなければ殺す」と脅されました。台湾の海軍慰安所へ向かう船で、海軍の兵士らに強姦されました。慰安所では軍人に髪を引っ張られ、軍靴でけられたことも。「許して、許して」と両手を合わせて訴えたが、刀で脅され、「お母さん」と呼びました。そのあとのことは覚えていない。」

「慰安婦」問題とは、軍がつくった慰安所で、女性を拘束し、軍人らの性行為の相手を強いた問題です。女性を人間として扱わず、人権を著しく侵害した犯罪行為として、国際人けに員会などから日本政府に対し、謝罪と補償を求める勧告が何度も出されています。

強制性はなかったという人もいますが、イ・ヨンスさんの証言のように軍や官憲が直接かかわった強制連行の証言は相次いでおり、こうした事実は変わりありません。日本政府がこの問題に背を向けることは国際社会において孤立することになるでしょう。

竹島問題では、野田主総が国連総会で、「国際法裁判所に提訴する」と言った時、韓国は日本の態度に賛同しませんでした。

日本政府があの侵略戦争で、韓国を植民地化したことに、誠実な謝罪と反省をしてこなかったことが、問題の解決を困難にしています。従軍慰安婦問題も同様に誠実に謝罪することで、初めて竹島に対しても、日本の領土だと胸を張って話せるのではないでしょうか。

本人の意に反して強制連行され、幾重にも屈辱を強いられた女性、少女らの事実は変えることはできません。

政府は歴史に事実に向き合い謝罪と補償を。

2012年9月26日 (水)

来年度予算要望を市長に提出

Photo 9月26日午後2時からの30分間でしたが、市長に対して直接来年度予算の要望をしました。

要望に先かげて、日本共産党の提言2つを手渡しました。

「外交交渉による尖閣諸島問題の解決を」9月20日(コチラ

「『即時原発ゼロ』の実現を―日本共産党の提言」9月25日(コチラ

2013年度予算要望 (「2013.pdf」をダウンロード

(1)新自由主義的な市政運営の転換を求める

(2)公的福祉を解体せず、医療・介護・保育・教育の充実で市民生活を守る

(3)雇用拡大と中小企業の活性化で、名古屋経済の内需拡大型成長を目指す

(4)脱原発宣言を行い、防災と環境を重視した街づくりをすすめる

  

全部で80項目。

わしの議員が要望書と提言を渡し、あいさつ

山口議員が概要を説明した後、田口議員 私、さはし議員が担当に関わって市長に要望を言いました。

一問一答の部分

cloverいつまでに原発ゼロにすべきと考えるか

noodle「そりゃすぐ止めりゃいいと思ってとります」

clover住宅リフォーム助成の実施の決断を

noodle―「リフォームはええんですけどね。国がやってもらわな」

 ―「金がないといってもあるところにはある。大型(事業)にはジャブジャブですわ。下に回ってこえせん。」

clover小規模企業者設備投資促進補助金を創設した事は良かったが、3000万円以上の設備投資が必要で、実際は使えない。固定費負担の軽減のためにリース料の補助を

noodleー「名古屋の銀行はちゃんと中小に金を貸しているのか? アメリカは、貸さんと支店の開設を許さんそうだで、そうせないかんわな」

 ―「(設備)リース代はなんで(補助)がないんだ?わからんけど、当局があかんと言うとりまして。」「 (副市長、局長の方に向いて)リースなんでいかんのよ」

clover市民税減税について反響はあるのか。(金持ちなど)減税される人は貯蓄に回る。 市長のいう「市民のふところを温める」なら、消費に回してくれる人に還元すべき。げんぜいはやめよう

noodle―(減税していることを)話しすると、握手してくれるよ。(今までの減税分の計)330億円分も減税したんだからいいことだと思う。

clover 太陽光パネル設置を進めるため公共施設への屋根の貸し出しをすすめてほしい。

noodle―いつまで42円かわからんけど。

clover だからこそ、早く始めるべき。どうか?

noodle―社長じゃないでよ。屋根は、当局がもちょっと待ってといっとりますんで。これはやりますで。

clover特殊支援学校のマンモス化は問題。まずは現地を見る気はあるか

noodle―重心(重度心身障害児施設《市内はない》)はいたかな。養護学校はいっぺん行きますわ。Photo_3 

市長は気持ちは国政なのか、某議員対応で疲れているのか、維新に振られたからか、覇気のない市長

市長がやる気を見せないでどうするのか。

リフォーム助成、

中小企業の設備リースに補助、

公共施設への太陽光パネル設置は直ちに

教育環境改善等、その気になって提案を!

2012年9月25日 (火)

楠学区内で、学童保育の移転先を探しています

北区楠にある、楠学童保育所(留守家庭児童育成会)が、今年中に現在の場所から移転が必要となりました。

移転先を探しています。プレハブは名古屋市が委託した事業所が設置します。

条件  更地でしたら、プレハブ2棟が立てられる100㎡が最低必要です。

     賃貸でしたら、放課後40名ほどが利用しますので、広さが必要です。

連絡先 楠学童保育所 052-901-2766 又は岡田事務所915-2705へ

2012年9月22日 (土)

青空の下、北区子どもまつり

北区の名城公園で、毎年秋に行われる「北区子どもまつり」

今年で38年めという歴史のあるお祭りです。

北区内の保育園、学童保育が集まり

「子どもたちの豊かな遊びと文化を伝え、子どもとともに遊び、みんなで一緒に育つことの喜びを実感する機会」になることを願って取り組んでいるものです。

秋晴れの青い空で、広い名城公園にいくつものブースが集まり、スライム作りや、ねんど遊び、コマ作り、ミニ運動会等、遊びが用意され、親たちはビールも入って、子育て仲間のきずなを深めるいい機会となります。

Dscn1308_2

Dscn1309

うちの子も小さいは時は毎年家族で出かけましたね。

オープニングの後、議員の紹介をしていただきました。

減税日本ナゴヤの田山議員が「楽しんでください」と一言あいさつした後、私もマイクを回していただき、

「先日、保育を良くする請願が、1万筆の署名と合わせて出されました。私は議会への紹介議員になりました。

名古屋市は、保育料値上げをしようとしています。有識者や市民委員も入った『保育料あり方検討分科会』で議論をしてきていますが、その中であらためて、公的保育とは何か、子育て支援は社会で支えるべきではないかといった議論もされています。

親が安心して働くことができ、子どもが健やかに育つ環境を作るのは、市の責任です。みなさんと一緒に、本当の意味で子育てするなら名古屋といえるものにしていきましょう。」

というような挨拶をさせていただきました。

  Dscn1311   

豊橋で4歳の子どもが健常児の半分の体重しかなく、衰弱死する事件が起きました。

父親と母親が、保護責任者遺棄容疑で逮捕されました。

転居していたが、住民票は以前の住所のままだったため、健診や就学前健診のお知らせが届いておらず、市も探しようがなかったと言います。

衰弱していても診察も受けないままだった。父親は「生活するのにギリギリだった。仕事が落ち着いてきたのでそろそろ病院へ連れて行こうと思っていた」と供述しているということ。

保険証はあったのだろうか。

他にこの家族の存在を知りえる方法はなかったのだろうか

生活に困っている事を相談する手段がなかったのか。

どことも接触なく、ひっそり育てられている子どもがいる。

何とか接点を見つける努力をしなければ、この子どもらは救われません。親の保護放棄は許せません。しかし、親の責任だけに原因があるとは思えません。不安定労働による将来への漠然とした不安。

仕事がある間は、まとまった収入があっても、来月も、来年も、10年先も安定した生活ができるのか見通しが持てず、経済的な保障がされているわけではない、今の労働実態が、子育てできない親をもつくりだしているのではないか。

生きることが自己責任にされ、お金のないものは這い上がることも困難な現実。一方でお金が濡れ手で粟というの会社が、労働者の首を一気に落とす。こんな世の中を許してはいけないと、心底思います。

2012年9月21日 (金)

教育子ども委員会 減税日本ナゴヤ議員の発言に怒り

今日は教育子ども委員会がありました。

議題は、

9月補正予算 待機児童解消のための500人分(内3歳未満児330人分)の入所枠確保するというもの。建物整備に3.7億円を充てます。

2月の予算議会では、年度当初の計画として、1262人分、17.7億円を充てて、市長が言った「来年4月には待機児童ゼロにしますんで」の目標をやり遂げる予定でした。

しかし、4月の入所申込者が実際何人いたか、人口比でどのくらいかをもう少し丁寧に検証し、見込み数を再度計算しなおしたところ、あと500人足りないということがわかり、今回、補正予算に計上することになりました。

私は、500人の数字の根拠を知るために昨日資料を要求しました。

3歳未満児の人口は

下げ止まりが見られますが、

逆に

入所申込者は増えています。

特に2010年から2011年にかけて0.45%の伸びが、2011年から2012年にかけて1.37%の伸びにと、3倍となっています。

また、厚労省の集計する待機児童数には、除外される人数があります。

それは、

家庭保育室入所の子、週3回5時間以上の就労で、かつ認可保育所の入所条件に当てはまるが、残念ながら入所できなかった子を「一時保育」という形でを利用する子などです。

「3歳未満の児童数と保育所入所申込者数」をダウンロード

数に数えないが、待機児童であることは間違いありません。当局に認識を聞くと、当局も「待機児童ととらえている」と答えました。

そして、今回の500人には、その子らが数として入っていないことと、今年度並みの3歳未満児人口と入所申し込み率を当てはめて計算したものなので、

来年予算の時期に「今回の見込みで、足りなかったということにならないように」と念を押しました。補正予算には賛成するつもりです。

これを、他会派などは「保育所をつくれば作るほど、入所させたい親が出てきて待機児童が増える」 ということで、受益者負担論を持ち出して、保育料の値上げを持ち出すのです。

ここで、議員間討論を公明党議員が提案

公明党議員が、減税の議員に対して、「これからもニーズにこたえていくには財源が必要。皆さんは5%~10%減税をしながら、いったいどこから保育所の財源をもってくるんですか」

「就労していないのに保育所に子どもを入れている人がいる。保育の適正化」を行って財源をつくりだす、というのです。根拠も無く「(という話を)聞きます」というのですから、ビックリです。

仕事と子育てを両立しようと悩みながら頑張る親や、それに応えようと努力する自治体職員を小馬鹿にしていると思います。

 質問した議員にも同じ質問をしてみたいと思いましたが、減税議員が『保育の適正化』と答えたことで、委員長が議案から離れるということで、打ち切りとなりました。

大企業や、金持ちへの減税であることは間違いない市民税減税。共産党以外の賛成で今年から恒久減税となりました。財政状況も勘案することや、3年めに再検討ということになりましたが、政府の消費税増税が行われれば、ますます生活へのしわ寄せが始まります。 本当の意味で、応分の負担と企業の社会的責任を果たし雇用が守られる社会の変えなければいけませんね

2012年9月20日 (木)

困っている中小企業の支援を

18日の本会議で、山口議員が「中小企業支援について」質問しました。

市内13万の事業所の99%が中小零細事業で、そのうち小規模と言われる製造業なら従業員20人以下、商業・サービス業なら5人以下の事業所は70%を占めています。

名古屋市内の事業所、特に製造業数も従業員数も大きく減少し、地域経済の主役である中小企業をどう支えていくか問われています。

Photo_3

小規模事業所への配慮をはじめ、資金繰り円滑化の支援や相談事業の実施、困っている中小企業を支える視点で、固定経費への助成や過酷な税金・保険料の取り立てをしないことなどを実現するよう求めました。

市の中小企業支援は、「頑張っている中小企業を応援する」というセリフで、有望産業へシフトできる企業、業績が伸びそうな企業だけを選別して支援するものになっていないか?

中小企業が困っているのは、

○固定経費の負担 ○固定資産税、国保料、市県民税等の税金ではないか。

これらは売上いかんにかかわらず、経費がのしかかります。

この指摘に対して、市民経済局長は、中小企業振興条例を制定するための検討作業が始まっているが、情報交換を行うなど全庁的な連携・協力を図っていくと答えました。

山口議員は、県は中小企業100社訪問を行っている。「困っている中小企業の支援という役目も果たし、市も中小企業の実態調査を行うよう求めました。

民主商工会の方からも、自営業の切り盛りだけで大変なのに、国保料は高く、滞納すれば、売上を差し押さえられる事例や、何とか分納して保険料を納めていたのに、突如一括請求され、どうしたらいいのかといった深刻な相談があるといいます。

締め上げと不況に、さらに消費税増税では、「泣きっ面に蜂」を通り越しているのです。全国で実績をあげている住宅リフォーム助成制度(幅広い対象になるので、経済効果は20倍とも)を実現したいです。

2012年9月17日 (月)

雨が降ると下水が溢れる

天道町にお住まいのOさんから、以前雨が降ると汚水が下水管から噴き出して大変困っているとの相談をいただいていました。
時間が経過して申し訳なかったのですが、15日に伺いました。
11日 の夜中も雷と横殴りの大雨が降りましたので、庄内川水質環境観測所の記録では、この時は、10分間最大雨量15mmだったとのこと。

気象庁では、『局地的な大雨』と定義し、『急に強く降り、数十分の短時間に狭い範囲に数十mm程度の雨量をもたらす」もので、まさにそれにあたります。

9月2日の16時頃の雨も、ひどかったです。このときは、10分間最大雨量が20mm(庄内川水質環境観測所)で、さらに集中豪雨だったことがわかります。

9月2日の16時~17時の降雨量は58.5mm 降雨時間は1時間弱なので、ババッと降って、さっと止む降り方。

通常では「ちょっとのあいだ、ずいぶん降ったね」という感覚ではないかと思います。

それでも、都会では、道路冠水が一気に起こる現象を招きます。

この近所の方から、その時の様子を送ってもらいました。Photo_2

この道一区画だけが、道路冠水。アルコープの手前まで、汚水が。

571_2

バンパーまで浸かっているのがわかりますか。(9月11日10分最大雨量15mm)

Oさん宅は床下浸水。

けれども、この区画以外のまわりの道路は、冠水は見られず。この区間だけ突出して冠水しました。

名古屋市上下水道局 技術本部 管路部 保全課に改善を求めました。

水道管はわずかですが傾斜をつけて設置し、区画ごとに水の流れをつくりだしています。

しかし住宅が増え、特に北区はマンションの立地がここ10年で飛躍的に増えました。それに伴って生活排水も増え続けており、水道管を設置した頃の住環境とずいぶん変化してきています。

その上四半世紀もさかのぼれば、田んぼや畑等の減少で、雨水を受け止める場所が全くありません。

現在の雨量に見合った排水管の設置や正常な水の流れをつくりだすことが必要です。

何よりも、まちつくりに関して、不動産任せで住宅をつくるのでなく、生活にかかわる環境も同時に考えなければ本当のまちつくりになりません。排水管のサイズ交換はもちろん、保育園(今マンションがどんどんできるところは保育所待機児童が増えています)病院、公園、学校、災害時の避難場所から、高齢者があるいていける場所にお店、バス停などなど

名古屋市が、イニシアティブをもって待ちつくりを丁寧に進めていければいけないし、地域のみなさんもどんどん要望を出していきましょう。

2012年9月14日 (金)

名古屋市会の正常化に関する要請書を市長に提出

今日は、9時に減税日本を除く会派の団長、幹事長が河村ただし減税日本代表に対し、議会の正常化を求める要請をしました。河村代表は、「皆さんにご迷惑をおかけしました」といいました。

要請文 「20120914.doc」をダウンロード 

しかし、今日の本会議で、他党の議員が河村氏の任命責任に対して質したのに対し、河合議員を公認した経過について、「支援団体が選考し、自分はその場にいなかった」と、無責任な答弁をするに終わりました。

9月議会から、一人会派となった河合議員は、私の右隣に座席指定されました。

今日は市長に対して、河合議員の議員としての資質や辞職を促す質疑が2件行われ、その間、河合議員のイライラした一人言を何度も聞きました。

さて、今日の個人質問

さはし議員は、公共施設(コミセンや学校、保育園等など)の屋根を貸し出し、太陽光パネルを普及させよと質しました。パネルをのせることに対して、環境局長は、重量、耐震性、パネルによる日陰、光の反射による近隣への悪影響等の問題に対して、「研究が必要」と答弁。

これから研究段階だというなら、とても目標達成はできませんよ。

さはし議員は、物理的な問題は、解決できると迫り、最後に市長答弁を求め、「ええことだと思う」と答えていました。

「脱原発」、「名古屋電力株式会社をつくる」という割には、実践的な話になると、むにゃむにゃとしてはっきりしないところに、まじめに考えているのか本当に疑ってしまします。

市長はそれより、金城埠頭開発や、リニアを見込んで駅前開発、天守閣の木造再建にどえらいお金をつぎ込む方が「楽しい」ということのよう。大企業の応援を、自治体がすべきことじゃないでしょう。力を入れるのは、地元経済を安定して支えることができる中小零細企業の振興でしょう!

この中小企業振興策については、今度は山口きよあき議員が18日に質問します。

こうご期待!

9月議会 本会議始まる

これから、本会議で個人質問が始まります。

今日は、わが党の、さはしあこさんが

「太陽光発電整備の導入促進について」

「鳴海プールについて」質問。午後1時の予定。

質問つくりにのために、調べ物は欠かせません。党の方針を読み直したり、中央委員会に問い合わせや、他の自治体の党議員に電話で聞いたり、関係する労組、住民に直接会って話しを聞く、当局に説明を求める等など。

1つの質問に、山ほど資料が増えていきます。

昨日は、あこさんの机は雪崩を起こしかけました。

質問は議員と市議団事務局みんなで考えます。私は文章作りが苦手で、添削してもらうことも。

「再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度」が7月からスタートしました。

名古屋市は、2020年までに一万キロワットの太陽光発電導入を目指していますが、昨年時点で目標の15%という達成率。目標が高い割に、実践が伴わない。

長野県須坂市の、エネルギーも『地産地消』の考え方を基本に、県市と企業、NPOが「太陽エネルギー推進協議会」を作り、必要な資金を市民出資と地元金融機関からの融資で集め、地元製造業者が設置、メンテナンスを行います。

地元の仕事おこし、市民の啓発効果など「循環型地域経済」へ発展する仕組みとして期待されています。名古屋の公的施設に太陽光パネルの設置を進めることを求めます。

もう一つの質問は、鳴海プールの市施設としての存続を求める質問です。

事業仕分けの対象の一つとなった「鳴海プール」

市長は事業仕分けを進め、無駄な事業を見直すとしながらもその対象は、社会教育や高齢者福祉、子育て支援、中小企業を支える工業研究所など。

鳴海プールの利用者のほとんどは、高齢者、子ども、障害者。安い利用料のため、利用しやすくなっています。まわりには7つほどの、企業が経営する温水プールが存在しますが、企業への売却などすすめれば、ほとんどが会費制で、入会金と月の使用料など7000~33000円と高額になっています。

経済的理由で、スポーツ、教育などの機会が不均等にならないための、公的施設としての役割を担っている市の施設を、民営化、廃止等あり得ません。

2012年9月 8日 (土)

学童保育施策を充実して!

9月6日、学童保育施策の充実を求めて、名古屋市学童保育連絡協議会(市連協)が市要望を行うということで、わしの恵子議員と一緒に参加しました。

毎年、行われる市要望で、市連協では各会派に出席を呼びかけています。しかし、出席は日本共産党のみ。民主党は「出席できません」と返事があったとのことで、自民、公明、減税日本、新生会ほかは返事無しのようです。

学童の運営費は、名古屋市の補助、父母が負担する保育料と、バザーなど収益で賄っています。

名古屋市の補助を3年前から国基準に改めました。そのため、国基準にあわせる事によって、運営費補助が減ってしまう学童が出てきたため、昨年まではその差額分を市が補填していました。しかし、名古屋市が行財政改革という名で、福祉削減開発優先を進め、さらに金持ち大企業市民税減税も実施して行くため、学童や、民間保育園などへの補助金をカットしてきました。特に10〜19人、20〜34人規模の施設への補助金カットが、学童運営を圧迫している実態が、報告され、市へ補助金の拡充を求めましたが、ゼロ回答。

経験ゆたかな指導員も、運営が大変なために、「泣く泣くパート指導員に格下げせざるを得なかった」と言う発言には、胸が痛みました。がゼロ回答。

当局担当者は、必要な事と思っても、毎年シーリング(予算要求を各局が行う際、財政局が、昨年度予算ベースを基準に要求できる上限額を決める事)がかけられ、予算確保が難しい、と説明していました。

一方では、金城埠頭にレゴランドが来るからと、歩道、駐車場整備に100億円、ささしま交差点に必要性も無い300mの地下通路(動く歩道も付ける話あり)に90億円〜それ以上のお金は、財界の要求に応えてあっという間に予算化されてしまうのです。 自治体の責務(住民の福祉向上)などそっちのけの名古屋市に、怒りが込み上げます。事実を知らせ、福祉や子育て教育にこそのために税金を使え、大企業には社会的責任を果たせと声を揚げて行こう。Dsc_0164 18:30からの開始でしたが、19時を過ぎること、仕事を終えた父母や指導員が続々と集まりました。166人の参加でした。名古屋の学童を守ってきたみなさんの熱い思いを感じました。

2012年9月 6日 (木)

庄内川河川事務所で水害対策進捗状況を聞く

9月6日、午後、味鋺地域のみなさん、愛知一区予定候補大野ひろみつさん、日本共産党愛知県委員会佐々木さんと一緒に、昨年の台風15号の被害を受けて、その後の水害対策がどう進んでいるかについて、国交省庄内川河川事務所に状況を聞きました。

流量を確保するため、東海豪雨以降、下流から川底の掘削を進めていますが、昨年の台風15号により、守山区志段味の堤防が決壊したため、激甚災害特別対策費で、堤防改修と掘削が済んだ所。その後再び、下流域から順に掘っています。

台風15号では、庄内川、矢田川の水位が上がり、庄内川にそそぐ八田川が水位を越えたため、春日井側、東味鋺川に溢水しました。そのため、今年の4月5月かけて、合流か所を20cm掘り下げたということで、同程度の雨量では溢水する心配はないということでした。

河川管理予算は、毎年、0.8%の削減がされてきており、特に通常の河川維持費(草刈り、補修、巡視)は1/2に減らされているということ。

河川の草刈りは、年2回の作業が、1回になっているという説明に驚きました。草は伸びれば除草作業も手間がかかります。

むだな公共事業はやめて、住民の命に直結する予算はしっかり確保しなければいけません。

河川事務所の職員さんも「本当に財源がほしい」「予算確保が必要といっていただけるのは本当にありがたい」といわれていました。

いのち、くらしを守るという国の責任をしっかり求めていきたいと思います。

2012年9月 2日 (日)

月1名古屋反原発デモに参加したよ

No_nukes
毎週金夜の関西電力東海支社前に行われる『大飯原発に抗議する』有志が発起人となり、月1NAGOYA脱原発デモを企画しました。
第1弾は、9月1日栄デモ。
この日は、夕方我が家族も集合し、参加。娘の疲労も考えて、車で栄へ。
エンゼルパークの地下駐車場に車を停めて、光の広場へ.
ちょっと遅れたので、既にデモ行進が始まっていました.
飛び込んだのは、ドラムス集団の前。結構な迫力のある音量で、随分盛り上がっていました.
「脱原発」「こどもを守れ」「大人が守れ」「電力 足りてる」「今すぐ廃炉」「大飯原発再稼働反対」元気に声を揚げました.
若い人が多いためか、メーデーデモ行進よりも歩く速度は、早い.私としては心地よいリズムで行進。

この夏、関西電力管内は、大飯原発を再稼働しなくたって、十分電力が足りていたと言う事実に、本当に怒りが込み上げます。
「足りない」「計画停電する」などと、国民に恐怖心を植え付けるなど卑怯な手口を使った訳です。

儲けのためにはどんな手段もいとわない財界の思惑には、科学的な理論で立ち向かう事、まず何よりも人の命を守る事を最優先に行動する事が、本当に国民一人一人に求められていると感じます.

初めは、恥ずかしそうにしていた娘も、「原発反対 原発ぽいぽい」なんて言いながら歩きました.
途中、長女のトイレの時間がきたので、おいとまさせて頂きました。

Photo


« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

  • Pc200421
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ