« マンモス化する養護学校―守山養護学校視察から― | トップページ | 都会だからこそ、緑地を守れ。緑被率の低下著しい名古屋 »

2012年8月21日 (火)

「尾上団地の家賃軽減と住環境整備」について 

7月27日尾上団地のみなさんとUR(都市再生機構)中部支社に申し入れに行きました。
  退職に伴う収入の大幅な減少や、年金削減・社会保障費の負担増加で家賃負担が収入の6割7割に上り、生活を圧迫しています。
 申し入れは
一家賃の軽減策を。
一現行軽減策の住民開示
一来客用駐車場の確保
一配管水漏れ、公園遊具の整備、通路補修など。
 (URの回答)
 今年度から生活支援アドバイザーの配置をしたのでご利用を。
 収入に対して家賃が高いと認識している。しかし法律があり、独自減免は困難だ。本社を通し国交省へ要望を挙げていく。
 必要な補修は現場を確認し実施していく。
 申し入れには、衆議院愛知一区予定候補の大野ひろみつさんも同席しました。

Photo

« マンモス化する養護学校―守山養護学校視察から― | トップページ | 都会だからこそ、緑地を守れ。緑被率の低下著しい名古屋 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1441995/46771620

この記事へのトラックバック一覧です: 「尾上団地の家賃軽減と住環境整備」について :

« マンモス化する養護学校―守山養護学校視察から― | トップページ | 都会だからこそ、緑地を守れ。緑被率の低下著しい名古屋 »

  • Pc200421
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ