« 名古屋版「事業仕分け」は福祉削減が対象なんて  | トップページ | 待機児童解消のために »

2012年2月16日 (木)

走る昆虫教室(ファーブル号)をなくさないで

Photo_2名古屋市生活衛生センター」は、感染予防、感染症患者輸送、害虫駆除、居住環境の改善、身近な環境を学ぶという取り組みを中心に、健康で快適な暮らしを守る為の事業をおこなっています。

中でも、子どもたちに昆虫を通して、身近な環境や生物の大切さを学んでもらうため 右写真のファーブル号が幼・保育園、小学校などを年間500回以上訪問している人気の事業です。

  都市化の進む名古屋市で、小さな生き物になかなか出会うことが少なくなっています。名古屋市が子どもたちにこのような事業を行うということはとても大切です。

 昨年秋の「事業仕分け」で名古屋市生活衛生センター」は「廃止」と判定されました。

子どもたちが楽しみにしている「ファーブル号」の存続を求めていきましょう。 

« 名古屋版「事業仕分け」は福祉削減が対象なんて  | トップページ | 待機児童解消のために »

水道事業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1441995/44139771

この記事へのトラックバック一覧です: 走る昆虫教室(ファーブル号)をなくさないで:

« 名古屋版「事業仕分け」は福祉削減が対象なんて  | トップページ | 待機児童解消のために »

  • Pc200421
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ